伊藤亮太の『ピリッと役立つマネーTIPS』

アクセスカウンタ

zoom RSS お中元の季節・相場って!?

<<   作成日時 : 2012/07/04 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お中元の季節がやってきました。既に贈られている方もいらっしゃると思いますが、今回はお中元を贈る季節、相場についてお話ししていきたいと思います。

お中元とは、もともとは先祖を敬う道教の行事に由来します。現在では日ごろからお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣となっており、期間としては7月初旬〜中旬の間に行うことが一般的となっています。

※なお、西日本では8月初旬〜中旬に贈る場合もあり、地域によって期間が異なる場合があります。

お中元を贈る相手ですが、特に決まっているわけではなく、例えば離れて暮らしているご両親や親せきに贈ったり、会社の上司や学校の先生などに贈るケースが多いと思います。皆様にとって感謝すべき方にお贈りされるとよいといえます。なお、通常、お中元は毎年継続的に贈るものであり、1度限りのお中元はかえって失礼にあたる場合があります。従いまして、贈る相手は十分考慮したうえで決めるとよいでしょう。また、年に1回であれば、お中元ではなくお歳暮で贈り物をするほうがよいといえます。

それでは、お中元の相場はどのくらいなのでしょうか。金額に関しては、お世話になった度合いによっても異なるとは言えますが、おおよそ3,000円〜5,000円の範囲でお贈りする場合が多いといえます。

例えば、友人であれば3,000円前後、親や親せきであれば3,0000円〜5,000円、会社の上司であれば5,000円前後が無難な金額の範囲といえます。もちろん、特別な感謝の意を表する場合などにはもう少し高めの商品などをお贈りする場合もあります。ただし、あまりに高額な贈り物を行うと、かえって相手を困惑させる場合もありえるかと思います。毎年継続的に行うことを考慮しますと、金額はできる限り変更しない方が無難ではないでしょうか。

お贈りするものは何にすればよいでしょう?これも特に決まっているわけではありませんが、一般的には贈る相手の好みや家族構成などを考慮されるとよいといえます。ビールやジュースといった飲み物やお菓子のほか、地域ならではの特産物、商品券などをお贈りする方が多いと思います。

何を贈るかを考えるのも、カタログを見ながらの楽しみといえます。まだお中元をお贈りしていない方、日ごろからお世話になっている方への感謝の意を表すよい機会です。コラムを読まれたあなた、この機会に親御さんなどにお贈りしてみてはいかがでしょう?きっと喜ばれますよ。

こうしたコラム以外に、日々刻々と変わる中で生活に役立つ豆知識、資産運用における役立つ知識や経済情勢・運用手法などをお知りになりたい方は、下記にありますようにメルマガを発行していますので(今なら1号分無料でプレゼント)、そちらもあわせてお読みになっていただけると幸いです。




ビジスパメルマガ1号 無料でプレゼント!
登録はメールアドレスだけ(選択式アンケート1問あり)。簡単に有料メルマガ1号分が読めます。ファイナンシャルプランナーの伊藤氏が保有している株の銘柄も公開!

伊藤 亮太氏メルマガ「時代を勝ち抜くマネー学 - これからの生活に活かす - 」配信中!

有料メルマガ配信サービス「ビジスパ」では、向上心と情報感度の高いビジネスパーソンに向け、ビジネスジャンルのコンテンツ、ビジネスパーソンの関心の高いコンテンツを配信中。




月別リンク

お中元の季節・相場って!? 伊藤亮太の『ピリッと役立つマネーTIPS』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる