伊藤亮太の『ピリッと役立つマネーTIPS』

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆さん、他の人の資産の中身がどうなっているか、気になりませんか?

<<   作成日時 : 2012/05/23 11:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自分の家の資産は多いのか少ないのか?実は驚くべき結果が公表されています。今日はそんな話題を記してみたいと思います。
2012年2月22日に、金融広報中央委員会(事務局/日本銀行情報サービス局内)が「家計の金融行動に関する世論調査〔二人以上世帯〕(2011年)」を公表しました。これは、全国8,000世帯(世帯主が20歳以上でかつ世帯員が2名以上の世帯、有効回答数は3,802世帯)を対象に調査したものであり、家計の資産・負債状況がどうなっているのか統計をとったものになります。当然のことながら、年齢層、地域、職業等によってその資産構成のバラツキはあるといえるものの、全国で見た場合の中央値や平均値がどの程度かは知っておきたいところです。

結論から言いますと、2人以上世帯で見た場合、金融資産の保有額は、平均値が1,150万円、中央値が420万円となっています。平均値と中央値に相当な乖離があるのは、お金持ちが平均値を押し上げているといえるからです(平均値を下回る家庭は約7割)。中央値は調査世帯の真ん中に位置する額を示します。したがって、金融資産の保有額の一般的な家庭を考える際には、中央値である420万円前後が一つの目安と考えることがよいといえます。

<表1:1世帯当たり金融資産の保有額の推移>


(出所)金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査〔二人以上世帯〕」

表を見ていただくとわかりますが、昨年の中央値はここ数年間でもっとも低い額となっています。高齢世帯の資産の取り崩しや、昨今の経済状況に伴う給与の減少などが響いているのが一つの要因として考えられます。なお、平均値はさほど変動していないのがわかります。

そんなにうちは金融資産もってない。というご家庭もあると思います。当然のことながら、住宅ローンの返済に貯まったお金を充てたりしているご家庭では預貯金等少なくなりがちですし、若い世代においても貯蓄は少なめであることは仕方ありません。したがって、あくまで目安として見ていただければと思います。

ちなみに、そんな方においても「ホッ」とするデータがあります。全体でみると上記表のようになるのですが、実は世帯によって大きな開きがあり、金融資産をまったく保有していない世帯は調査対象の約3割にあたる1,089世帯。1〜100万円未満が139世帯、100〜200万円未満が190世帯とかなり多くの家庭においては金融資産が少ないと想定されるのです。当然、年収が低いほど金融資産なしという割合は高いわけですが、年収1,200万円以上の世帯でも12%ほどの世帯は金融資産なし。家庭環境などによっても様々な理由があるでしょうから一概には言えませんが、もし単純にお金がある分だけ使ってしまっているのであれば、どこかでその生活が続かなくなるのでは?と心配されます。

<表2:金融資産非保有世帯比率>

(出所)金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査〔二人以上世帯〕」

皆様のご家庭はどうでしょう?このデータ、借入平均なども毎年公表されていますので、是非一度ご覧になりながら、他の人より多く資産を持てるよう意識を強く持っていただければと思います。



<<今日のマネーTIPS>>
<問題>
預金の中で、金利を交渉して決めることができるものがあります。どんな預金でしょうか?

<解答> 大口定期預金


大口定期預金は、1,000万円以上預ける際の定期預金をさします。特徴として、店頭表示の適用利率は最低金利であり、金融機関との交渉次第では金利の上乗せが可能な自由金利となっています。是非預ける際は、交渉してみてください。預ける金額が大きいので、金利が多少上がるだけでも利息額は大きくアップするといえます。



ビジスパ伊藤 亮太氏メルマガ「時代を勝ち抜くマネー学 - これからの生活に活かす - 」配信中!

※この記事は伊藤亮太氏のメールマガジン「時代を勝ち抜くマネー学 - これからの生活に活かす -」から選んだコンテンツを編集しお届けしています。

有料メルマガ配信サービス「ビジスパ」では、向上心と情報感度の高いビジネスパーソンに向け、ビジネスジャンルのコンテンツ、ビジネスパーソンの関心の高いコンテンツを配信中。





月別リンク

皆さん、他の人の資産の中身がどうなっているか、気になりませんか?  伊藤亮太の『ピリッと役立つマネーTIPS』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる